えがおの健康食品と納豆キナーゼ

納豆は、日本の伝統食品です。
とても栄養価が高く、しかも安いため、毎朝食べるという人も少なくありません。
納豆は、納豆菌が大豆を発酵させたもので、独特の臭いとネバネバが特徴です。
栄養があるので、納豆を毎日食べたいけれど、臭いやネバネバが苦手だという人は、サプリメントを使用して摂取しています。
ナットウキナーゼのサプリメントは、数多く販売されていますが、最近人気なのが、えがおの納豆キナーゼです。
えがおの納豆キナーゼは、納豆菌培養エキス粉末が使われており、持ち運びにも便利です。
1日1粒を水などで飲むだけで、ナットウキナーゼを摂取することができます。
現代人は、食生活が乱れている人が増えています。
食生活の乱れによって血液中で中性脂肪やコレステロールが増加すると、血液がドロドロになり、血管を詰まらせてしまいます。
血管が詰まると、脳梗塞など様々な病気になるリスクが高くなるので、日頃から食生活には気を付ける必要があるのです。
ナットウキナーゼは血栓を溶かしやすくする作用によって、血管が詰まるのを未然に防止することができるのです。
納豆菌は、日本の大学教授がアメリカの研究所で発見したものです。
人工的に血栓を作り、その血栓を溶かすために納豆のネバネバ成分に含まれる酵素を使ってみたところ、血栓溶解作用を発見することができたのです。
現在では、血栓を溶かす作用が世界的に広く認知され、納豆人気を後押ししているのです。